2019ちびっこロボット教室スタート! | 公益財団法人 宮嶋利治学術財団

公益財団法人 宮嶋利治学術財団

*

2019ちびっこロボット教室スタート!

   

令和元年5月5日。
いよいよ2019年度の宮嶋財団ちびっこロボット教室がスタートしました。
今年も昨年に引き続き、ひと教室15名×3回の45名の小学1~3年生が、LEGO ロボでさまざまな課題に取り組んでいきます。

ちびっこロボット教室も4年目を迎え、リピート受講者(昨年度修了後に再受講希望者)も増えました。これは「学びは繰り返した方が、自分の成長に気づき、より深まる」という考えに基づいています。
ほぼ1年ぶりに会うリピータさんに「え!こんなに大きくなったんだ」と思わず声をかけてしまいます。

そしていざ教室スタートです。
ただ「ロボットで楽しい!」だけじゃなく、宮嶋財団の礎となった宮嶋利治翁の思いや、ロボットを通じて身に付けて欲しい力などについてしっかりご理解いただいた上でスタートするのがこの教室。
村山理事長の話
村山忍理事長から子どもたち、親御さんたちへの熱い思いのこもったお話や、講師・吉田からの毎年恒例の長~い話(今年は昨年の世界大会についての話もあったので、いつもよりもうちょっと長かったかも)が最初にありました。

そしていよいよ、実際にブロックパーツ、ロボットパーツを触っていきます。
2回目、3回目の参加の子どもたちは慣れた手つきで、初めての子たちはちょっと緊張気味にパーツの付け外しを行っていきます。

第1回目の課題は、毎年の恒例になってきたロボットボーリング。

5、6メートル先にあるボーリングピンをめがけて、ロボットを走らせますが、ちょっとの調整で大きくずれていくことも。

走らせるだけでなく、カスタマイズでより多くのピンを倒すべく、改造ににも余念がありません。

デザインにこだわる子、横幅を最大限広げて物理的なストライクゾーンを広げる子、置き方に細心の注意を払う子、それぞれのこだわりが見える時間です。
成功することより、失敗しても、できなくても、時間配分に失敗しても、思考した時間は子どもたちを次のステップへと進めてくれる大切な踏み台です。この日もそれぞれのこだわりを存分に深めました。

最後に自分でつけたパーツを外して、元の場所に戻してから終わりとなります。分解と片付けはパーツの扱いや、それぞれのパーツの違いを知ることにもなります。
ここまで教室は終了です。

また、ちびっこロボット教室では、今年から連絡に「LINE公式アカウント」を導入しました。荒天などの際の緊急連絡や、よりきめ細かい対応を目指しています。

 - ちびっこロボット教室, ロボット教室

  関連記事

20141108-1
【第4回ロボット教室】2014年11月8日レポート

前回ミッションクリアできたチームが1組だけだったため、今回はタイヤ運びの復習を行 …

順番待ち
第5回ロボット教室・2015年10月10日レポート

先週は運動会参加のために休んだ子どもたちが多かったので、今回も「壁うち」を活かし …

00088_3
宮嶋財団ロボット教室 参加者募集

宮嶋財団ロボット教室について 宮嶋財団では、LEGOマインドストームを用いてメカ …

img_9637
第6回ロボット教室・2016年11月13日・11月20日

11月13日から11月20日のレポートをまとめます。 11月13日 チーム組初日 …

004
ロボットダンスでプログラム

2018年6月10日のちびっこロボット教室 テーマは「ロボットダンス」 今回から …

00088_1
ブロック運び&マシン改良

11月19日、26日のロボット教室(8,9回目)のレポートです。 今回は冬競技会 …

3
2014年ロボット競技会を開催しました

2015年1月10日八代市ハーモニーホールでのイベント「子供科学フェア」内におい …

20141220-3
【第4回ロボット教室】2014年12月20日レポート

12回にわたり取り組んできたロボット教室も今回が最終回。受講生の保護者の方を招い …

img_0028
第6回ロボット教室・2016年10月16日レポート

気が付いたら、秋がすぐ目の前に来ていることに気づきました。 それと同じようにロボ …

WS000964
元気よくロボット相撲!

6月4日 ちびっこロボット教室3日目 今回はセンサーを使ってロボットを動かす体験 …