活動報告(2014年度) | 公益財団法人 宮嶋利治学術財団

公益財団法人 宮嶋利治学術財団

*

活動報告(2014年度)

宮嶋利治学術財団は「八代からノーベル賞を!」を合言葉に、2014年度も科学教育・文化教育を通じ、こどもたちの想像力と可能性を伸ばす取り組みを行いました。

こども理科教室

先生の指導

理科の実験や工作を通じ、子供達に科学についての興味関心を促し、こどもたちの想像力と可能性を伸ばすことを目的に開催しました。

ロボット教室

20141208-2

ロボットの製作を通じて、ロボットに関する技術を学びながら、こどもたちの考える力・チームワークを育てることを目的に開催しました。今年度は、WROの全国大会に出場することもできました。

冬休みサイエンス教室

冬休みサイエンス教室 ロボット教室

熊本高専八代キャンパスの学生がサポートしながら、冬休みの宿題に取り組む学習会や科学教室を行い、休み期間中の子供達の学びをサポートしました(八代東ロータリークラブとの共催事業)。

こども中国語教室

指導中

隣国である中国を知る過程を通じて、国際感覚を身につけ、将来世界へとはばたく人材を育成することを目的に開催しました。

こども落語教室

こども落語教室

落語を通じて日本の文化に触れるとともに、こどもたちのコミュニケーションの力を育てることを目的に開催しました。

学術講演会・文化事業

1960990_757383670994765_1602300932715227693_o

広く八代市民の方に科学や文化に触れていただき、文化的が豊かさ溢れる八代を創造することで地域の価値を高めていく取り組みを行いました。