財団概要 | 公益財団法人 宮嶋利治学術財団

公益財団法人 宮嶋利治学術財団

*

財団概要

八代からノーベル賞を

miyajima

財団法人宮嶋利治学術財団は、その名称から明らかなように、故宮嶋利治翁の遺志と遺産によって設立された学術振興のための公益法人であります。
宮嶋利治翁は生前、最近における世界各国の新しい技術開発競争を目のあたりにするにつけ、わが国が今後とも国際社会において指導的な役割を果たしていくには、科学技術の開発と教育および文化の振興を図ることが必要であると力説しておりました。それは同時に、激動する時代を生き抜いてきた気骨ある明治の人間にとって、国の将来を思う気持の発露でもありました。
そこで翁は、日頃の思いを具体化するため、質素な生活の中から蓄えた私財の全部を提供し、これをもって学術財団を設立し、科学と教育の振興に役立てて欲しいとの遺言を残しました。翁の生前に親しくその声咳に接して来たわれわれは、故人の遺志を受けつぎ、昭和61年8月1日、熊本県教育委員会の許可を得て、財団法人宮嶋利治学術財団を設立いたしました。